GuardianKey

GuardianKey

GuardianKeyは、認証攻撃からシステムをリアルタイムで保護するソリューションを提供します。 高度な機械学習アプローチにより、システムへの悪意あるアクセスを検出しブロックし、正当なユーザーおよびシステム管理者にそのようなアクセスの試みを通知します。

セキュリティを超えて、GuardianKeyソリューションは優れた機能を提供するユーザーエクスぺリアンスですユーザーが追加情報を提供したり、ログイン中にタスクを実行したりする必要がありません。

GuardianKeyのアプローチは、リスク評価をリアルタイムで提供します。 イベントとリスクは、GuardianKeyの管理パネルで調べることができます。

どのように機能するか

GuardianKey検出エンジンは、オンラインシステムからGuardianKeyサーバーに送信されたイベントを分析します。クラウドGuardianKeyがありますが、社内のGuardianKeyバージョンを展開することもできます。 イベント送信を有効にするには、システムにプラグインをインストールするか、マイナーコードを変更する必要があります。

検出エンジンは、機械学習と機密の数学的なリスク公式を使用して、脅威インテリジェンス、行動プロファイリング、心理測定プロファイリングの3つの分析アプローチを組み合わせます。

脅威インテリジェンス

分析は、インターネット上の攻撃および攻撃者の知識ベースによってサポートされています

行動プロファイリング

一般に、ユーザーは同じ場所から、同じデバイスを使用して、1日の同じ時間にシステムと対話します。これらのデータは、システムによって各ユーザーのプロファイルを作成するために使用されます。 偏差は、リスク評価を提供するために測定されます。

サイコメトリックプロファイリング

ユーザーがキーボードで入力する方法、マウスを移動する方法、デバイスを保持する方法(角度、動きなど)は特に異なります。 当社のシステムはそのような し、これを使用してユーザー識別メトリックを計算します。

これらの3つの柱を使用して、当社のエンジンは、保護されたシステムから送信される各イベントのリスクを計算します。 リアルタイムで、オンライン試行を ブロックしたり、ユーザーに追加の要件を要求したり、通知をトリガーしたりできます。

メリット

  • 次の脅威に対して有効的です:アカウント乗っ取り、自動化された攻撃、ブルートフォース攻撃、匿名化、その他の攻撃。
  • シンプルなユーザーエクスペリエンス。
  • シンプルな管理パネル。
  • リスクフレームワークとの統合を可能にするリスクベースのアプローチ。
  • クラウドおよび会社での利用が可能。
  • クラウドで、多くの種類の小規模な環境向には無料。
  • (実際に)大量のデータに適したビッグデータテクノロジーによってサポートされています。
  • 優れた投資収益率(ROI)。

費用はどの程度?

2019年4月30日まで、クラウドサービスの評価トライアルを提供していま す。

その後、小規模な環境(1日あたりのイベント数が制限されている)の無 料プランを維持する予定です。

GuardianKeyは、「社内」で展開して使用することもできます。 これにつ いてはお問い合わせください。

詐欺、引き継がれたアカウント、ネガティブなマーケティング、および情 報漏えいに関連するコストは、どのビジネスにとっても有害です。 この場 合、私たちのソリューションは顕著な投資収益率(ROI)を提供します!

GuardianKeyの使用

シンプルでインテリジェントなセキュリティは、私たちの最高の価値の1つです。 このようにして、GuardianKeyは簡単な統合を提供するために作成されています。 一部のアプリケーション用のプラグインと、PHPおよびPython用 の参照APIコードを提供します。 APIを使用して統合を開発することもできます。 これについては、APIドキュメントを確認してください。

GuardianKeyを使用する最も簡単な方法は、プラグインをインストールすることです。 アプリケーション用のプラグインが既にあるかどうかを確認してください。

GuardianKeyはシンプルなWebインターフェースで管理され、ポリシーの設定、認証グループの作成、イベント、ユーザー、リスクの調査が可能です。GuardianKeyパネルにアクセスして、今すぐユーザーを作成できます。 ただ し、処理と視覚化を有効にするにはアラートを送信する必要があることに注意してください。